【独り言】カネを稼ぐって悪いことなの?(地味にショーンKさんを応援してる)

目次(クリックすると読みたい部分まで飛べます)

1年前の独り言

世界共通価値であるカネ。カネを稼ぐことで消費に繋がり経済活動となる。経済活動が活発になるのは良いこと。人の欲求を刺激する為、カネを稼ぐことに終わりはない。もしカネを稼ぐことがなくなってしまったら?
物々交換の時代へ逆戻り。

稼ぐことの中にも2種類ある。カネと引き換えに価値を与えるものとそうでないもの。前者のケースでは双方が幸せになる。需要と供給が成立しているからだ。後者は幸せにならない。例えば詐欺だ。片方が騙された場合は本来受けれるはずの価値がない為、需要と供給が成立しない。

では、どうだろう?
少し極端な例ではあるが
大規模な震災が起きて、その町では深刻な水不足になったとする。
そこで隣町から青年が水を売りに来たとしよう。
普通の水道水を2ℓペットボトルに入れて1本2000円。
需要と供給は成立している。
しかし、それでいいのだろうか?

需要をつくって供給する。且つ独占状態をつくりだす。ビジネスってそういうもんじゃないの?

このケースでは、すぐに他の者が水を安値で売るだろう。そこに需要がある為、供給者が殺到する。ごく自然だ。
すると、水不足で苦しんでた町の人たちは助かるだろう。

独占状態にはなりにくいのは、カネに対する欲求に終わりがないことを示唆してる。

例えば、医師。
「命を救いたい」という思いと裏腹に「人が死ななければ医師は必要ない」

カウンセラーは?
悩みを解決するのが仕事。しかし、悩まなくなったらもう来なくなる。

ほっといたら治る怪我にも関わらず薬を与えて何度も診察する。
本当は家で寝てたら治るのに。

一度悩みを解決したら、信頼して何度も悩み相談にくる。
本当は自分で解決した方がいいのに。

世の中、便利になったけど
それって本当に必要?
イノベーションって必要?
テクノロジーって必要?
戦争って必要?

人間の欲求が外へ向いてる限りなくならんけど、逆に欲求がなくなったら?

みんなが生きる為に必要最低限の資源で生活したら?

何世紀も遡って、世界中が自給自足で生活したら?

地球温暖化とかもなくなるやろし
自然と共存できるやん。

「あいつよりもっと贅沢したい!」
「あいつムカつくやつやなぁ」
「もっとこうしたら〜こうなる」

とか誰も考えへんかったら
争いごとなくなるやん。

必要最低限でええやん。
それ以上求めへんかったら平和やん。

でも、そんな世界想像できる?

誰もが必要以上に求めへん世界。

あり得ない。

人は常に何かを求めるし
必要以上に求める。
だから、衝突するし争う。

でもなるべく争いたくないって人も
争って相手を負かしても求める人もおる。

これが絶対正しい!なんてことは絶対ない。全ては表裏一体。

それを受け止めることができるか?
自分の許容範囲を広げていけるか?

みんなちがってみんないい。
みつをさん本質ついてるよ。

ハーバード卒でMBAとってて
世界6ヶ国7都市に会社あって年商30億やったら
「この人の言うてること間違いない!」ってなんの?

イケメンでイケボで英語もペラペラで話してる内容、話し方に説得力あるから「この人の言うてること間違いない!」ってなんの?

経歴とか肩書きがウソやったら
「この人、なんか胡散臭いおもててん」ってなんの?

本質ってなんやろね。

まとめ

結論、ショーンKさんって凄いよね。ってことが言いたかったんだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク