【図解】バカでもわかる仮想通貨の概念を超わかりやすく解説。

【図解】仮想通貨の概念を超わかりやすく解説。
おっさん
仮想通貨ってもう終わったんけ??
今のうちに情報仕入れておきたいんやけど、ええのない?


そんなあなたにオススメなのが仮想通貨関連のニュースをまとめてチェックできる「ICOチャンネル」です。


仮想通貨関連のニュースアプリ


スマートニュースのような見た目で、毎日仮想通貨に関するニュースが更新されるので、このアプリ1つで十分にトレンド情報はキャッチできます。


無料アプリなので、是非ダウンロードして使ってみてはいかがでしょうか??





この記事を読んで欲しい人

  • 仮想通貨とはなんぞや?という人
  • 仮想通貨の概念を説明できるようになりたい人
  • 仮想通貨興味あるけどよう分からん!お手上げ!って人



仮想通貨の話題は絶えませんが、一体どれだけの人が仮想通貨を理解してるのでしょうか?
恐らく半分以上の方はロクに理解もせず「仮想通貨買っとけば儲かるんでしょ?」ぐらいの気持ちでいると思います。


是非、この記事を読んで仮想通貨の概念を理解した上で仮想通貨への投資を始めてもらいたいなと思います。

スポンサードリンク

仮想通貨の概念を超わかりやすく図解します。



どーもゴーゴーケンゴ(@KNGrits)です!
ビットコインが遂に50万円を突破しましたね。
アルトコインも盛り上がりを見せてますし、ホットな話題ですよね。


しかし、未だに多くの人は『仮想通貨!?なんじゃそりゃ?』状態だと思うんですね。
だからこそ、もっと身近に感じてもらおうと言うことで図解して行きます。


【図解】仮想通貨の概念を超わかりやすく解説。

【図解】仮想通貨の概念を超わかりやすく解説。


通貨と代替通貨が存在する。



まず一番大きい輪っかから見て行きます。
通貨と代替通貨に分ける事ができます。


皆さん『お金』と認識してるのは通貨ですよね?
しかし、代替通貨も馴染みがあるんじゃないでしょうか?


マイレージやTポイントに電子マネーなどなど、その名の通り【通貨の代わりに使えるもの】ですね。


ポイントが貯まれば、商品や現金と交換出来たりしますよね?
これが代替通貨です。


では、もう1つ中に入って見てみましょう。

暗号通貨≒仮想通貨ってどう言う事?



ここが、結構ややこしい所ですね。
言葉のニュアンスが割と曖昧で色んな使われ方をしてるんです。
例えば、電子マネーなどの代替通貨もある種の仮想通貨だと言えますが、仮想通貨=ビットコインと言う印象も強くて、ごちゃ混ぜになってる状態ですね。


言葉って普及した方が市民権を得るので、日本では一般的にビットコインやアルトコインの総称を仮想通貨と呼んでます。

仮想通貨=ビットコインではない?



仮想通貨はビットコインだけではないんですよ。

『暗号通貨≒仮想通貨』の輪っか内を見てみてください。
ビットコインとアルトコインが入ってますよね?
ビットコインは聞いた事あると思いますが、アルトコインに馴染みがない方に説明します。

アルトコインとは?

アルトコイン(または、オルトコイン)とは、alternative coinの略(=altcoin)で、直訳で「(Bitcoinの)代わりとなるコイン」という意味です。 一般的にビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)のことをアルトコインと呼びます。



代表格で言うと、

  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ネム

などがあります。


ビットコインが仮想通貨の元祖で、ビットコインの技術をもとに作られてるのがアルトコイン達なのです。
なので、機能面だけで言うとアルトコインの方がビットコインより改善されてたりするのですが、ビットコインが基本となってるので別格なんですね。
(PoSやPoWに関しては別記事で解説します。)


▶︎関連記事
>>【図解】PoW・PoS・PoI・PoCの違いを初心者向けにわかりやすく解説。


なんとなくでも、イメージは出来るようになりましたか?


ここからは、もっと広い貨幣に関する概念に触れて行きます。

スポンサードリンク

貨幣の本質とは?



そもそも、貨幣の本質は何なのか?





『取引する人々がいかに価値交換をするか?』





これなんですね。
価値交換を大昔ではどうしていたか?

物々交換の時代



物々交換の時代がありました。


Aさん
お米1kgと肉2kgを交換しましょう
Bさん
いいですよ


こう言う風にですね、物と物を交換してたんですね。
すると、様々な問題が起きました。


A さん
お米1kgと肉2kgを交換しましょう
B さん
えー、今はお米そんなに要らんなぁ。




これで、交換が不成立になったんですよね。
Aさんはもちろん困りますよね?


そこで誕生したのが貨幣です。

貨幣の時代



物々交換では、その物の価値の判断基準が明確ではなかったんですね。
だから、共通の価値を作った。
これが貨幣です。

お金はみんなが価値があると認識してるから、価値があるんですね。



貨幣になり、より便利になったんですね。
米1kgを担いで歩かなくても、1万円札を1枚持っておくだけで良いんですから。


そして、時代は更に進みました。

電子取引の時代


A さん
ふぅ。1億円運ぶのしんどいわ〜。1億円って10kgするねんで?知ってた?
B さん
なんじゃこいつ。





『紙幣、要らなくね?』





ってなったんですね。
インターネットで全世界繋がるならデジタルでやった方が便利!!
それこそ、電子マネーの誕生であり、そこから月日が流れて今に至るワケです。


では、ここでクイズです。

Q,電子マネーと仮想通貨は何が違うの?



正解は次のページ!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【図解】仮想通貨の概念を超わかりやすく解説。