【仮想通貨の作り方を簡単解説】独自トークン『ゴーゴーコイン』をつくって億り人の気分を味わってみた。


この記事のポイント!!

  1. wavesを使って独自トークンを発行する方法
  2. ゴーゴーコインの使い道と将来性について


スポンサードリンク

仮想通貨の作り方を解説します



どーもゴーゴーケンゴ(@KNGrits)です!
今回は誰でもカンタンに出来る仮想通貨の作り方を書いていきます。


厳密に言えばトークンなんですが、更に言えばビットコインも厳密にはトークンですから、その辺はザックリいきます。
独自トークンの発行方法はいくつかあるんですが、今回はwavesを使った独自トークンの発行方法について解説していきます。

①wavesウォレットを作る

wavesウォレットを作る

wavesウォレットを作る



まずはじめに、wavesウォレットを作ります。


wavesウォレット】こちらから、アカウントを作成します。


wavesウォレットを作る

wavesウォレットを作る



任意のNAMEとパスワードを登録します。
この際にアドレスとWALLET SEEDもメモに控えるか保存しておきましょう。


ウォレットを作るのはこれだけです。
非常に簡単ですが、パスワードなど忘れないよう、注意してください。

②wavesを購入する

wavesトップページ

wavesトップページ



ログイン出来たら、次はwavesを購入しましょう。
独自トークンを発行する際に1wavesが必要になります。
ちなみに現在1wavesは約740円なので、他の作り方に比べても割安ですね。


wavesの入金アドレス

wavesの入金アドレス



トップページからbitcoinのDEPOSITを選択して入金アドレスをコピーしましょう。
そして、バイナンスからビットコインをwavesウォレットに送金します。


バイナンスからwavesウォレットに送金する

バイナンスからwavesウォレットに送金する



今回僕は0.016BTCをwavesウォレットに送りました。
バイナンスで送金完了出来たら、登録先のメールアドレスに上記の画像のメールが届くのでクリックして、下の画像が出てきたら送金完了です。


バイナンスからwavesウォレットに送金完了

バイナンスからwavesウォレットに送金完了



送金が反映されるまで少し時間がかかります。
反映されたら、wavesウォレット内の取引所でwavesを購入します。


wavesウォレット内に分散型取引所がある

wavesウォレット内に分散型取引所がある



分散型取引所でwavesを購入する

分散型取引所でwavesを購入する



この画像を参考に購入してみてください。

③1wavesを使ってトークンを発行する

1wavesを使ってトークンを発行する

1wavesを使ってトークンを発行する



wavesを購入できたら、いよいよ独自トークンの発行です。
ヘッダーに【Token Creation tab】というのがあるので、そちらを選択してください。


Token Creation tab

Token Creation tab



すると上の画像の画面に移るので順番に埋めていきます。
トークン名は重複していても問題ないみたいです。
説明文では、どういった内容のコインなのか事業内容や使用用途がある場合に書き入れます。
後で編集することは不可能なのでご注意ください。


分割するというのは、最小単位を1にするのか、0.1にするのか、0.01にするのかという話です。
ここを3にすると、0.001が最小単位になります。


最後の追加発行の有無にチェックを入れると、後から発行枚数を増やすことができます
僕はめんどくさいので、チェックは入れずに追加発行ナシで発行しました。

スポンサードリンク

独自トークン『ゴーゴーコイン』とは?

ゴーゴーコイン

ゴーゴーコイン



と、いうワケでゴーゴーコインが誕生しました。
ちなみに、概要はこんな感じです。


ゴーゴーコイン概要

ゴーゴーコイン概要



全然、それっぽくない仮想通貨になりました←
ちなみに、これをみてください。


ゴーゴーコインで億り人

ゴーゴーコインで億り人



10,000,000,000gogocoinを保有してます、、!!
100億ゴーゴーコインです。


これで、僕も億り人(の気分)になれました。
ありがとうございます。

ゴーゴーコインの使い道は?



では、ゴーゴーコインの使い道はあるのか?
説明文にも書いてますが、今後ゴーゴーケンゴが出すサービスで使えるようにしたいなと思ってます。


どんなサービスを出すかはお楽しみで。
現段階では特に決まってませんが、近いうちにゴーゴーケンゴ経済圏を作りたいと思ってるので、そこで使えるようにしたいなぁなんて。

ゴーゴーコインの将来性は?



将来性しかないです。
逆に今は何もないです←


投機対象とかではなく、実際に使えるようになれば面白いなと。
それこそ、お金が必要のない空間を作れるのではないかと思ってます。


例えば、バーニングマンを皆さんはご存知でしょうか?


バーニングマンと仮想通貨の関係性

バーニングマンと仮想通貨の関係性



アメリカの砂漠で行われるイベントなんですが、このイベントではお金が一切必要ないんですね。
その代わり、ギブ&ギブの精神で人に尽くす。
尽くしてもらったら、自分も誰かに尽くす。


そういった、恩送りで成り立つイベントなんですが、こういった価値観が仮想通貨を通して出来るのではないかなと思うんですね。
ベーシックインカム的に、ゴーゴーコインを毎月メンバーに付与して、その経済圏の中ではゴーゴーコインを使ってサービスを受けたり出来る。
今までは日本円やアメリカドルという手段しかなかったのが、無数に出来るということですね。

ゴーゴーコインの買い方は?

ゴーゴーコインが出てこない、、、

ゴーゴーコインが出てこない、、、



wavesのDEX(分散型取引所)で即時、取引が出来るということでしたがゴーゴーコインが見つかりません。。。
時間的な問題なのか、何か足りてないのか、、、まぁ気長に待ってみます。


そのうち初心者向けの仮想通貨勉強会サロンをやろうと思ってるので、そのメンバーに付与してみようかな。。。
サロンで積極的に発言してる人には1000gogocoinプレゼントとかね。


仮想通貨を今から始めようと思ってる人や、始めたばかりの人がこのブログをよく読んでくれてるみたいなので、せっかくなら色々情報共有してワイワイしたいなと。
ぜひ、興味ある方はLINE@で連絡ください!!


ゴーゴーケンゴのLINE@を追加する

追記:2018/3/1

ゴーゴーコインが売られてる!

ゴーゴーコインが売られてる!



wavesplatform】こちらから取引所にアクセスできます。
ベータverでログインすれば、普通に使えました。
waves建てでgogocoinを検索すれば購入できます。


現在は1gogocoin=0.001wavesで購入できます。
1wavesが7ドルなので、0.007ドル。
約0.01円行かないくらいですね。


ゴーゴー経済圏をつくっていきますよー!!

ちょっとでも「ええな」と思ったらフォロー&シェアほんまヨロシクな!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク