【図解】PoW・PoS・PoI・PoCの違いを初心者向けにわかりやすく解説。

【図解】PoW・PoS・PoI・PoCの違いを初心者向けにわかりやすく解説。


この記事のポイント!

  1. PoW・PoS・PoI・PoCの違いについて一言で説明できる


スポンサードリンク

PoW・PoS・PoI・PoCの違いを説明できますか?



どーもゴーゴーケンゴ(@KNGrits)です!
今回は初心者向けにPoW・PoS・PoI・PoCの違いをわかりやすく解説していきます。



「PoWとPoSの違いってなに?」
「PoSってPOSレジと関係あるの?」
「プルーフオブワークってなに?」


そんな方々に向けて、図解していこうと思います。

そもそも取引承認のアルゴリズムの話



そもそも、PoW・PoS・PoI・PoCとかってなんなの?
と言う方が多いと思いますが、これは全て取引承認のアルゴリズムの話です。


仮想通貨に限らず、クレジットカード決済とかもそうですが、例えばamazonで商品を購入してクレカ決済を選択します。
すると、数秒経って「決済が完了しました」って出ますよね?


その時に裏で行われてるのが取引承認なんですね。


誰かがお金を使う→管理システムで取引を承認する→決済完了


こういう流れになってますよね?
それが仮想通貨でももちろん行われてるんですが、ここで1つ疑問が残ります。


A さん
あれ、ビットコインとかって管理者が存在しない非中央集権型じゃないの?


その通りです。
その承認作業を全世界のユーザーによって行われてるんですね。


では、なぜ全世界のユーザーが承認作業をやるのか?
それは、承認作業に成功すればビットコインが貰えるからです。


これをマイニングと言ってるんですね。


ビットコインマイニング=承認作業
と、覚えておきましょう。


では、事前知識を入れたところで、次からPoW・PoS・PoI・PoCの違いを解説していきます。


次ページでPoWをわかりやすく解説!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【図解】PoW・PoS・PoI・PoCの違いを初心者向けにわかりやすく解説。