【図解】PoW・PoS・PoI・PoCの違いを初心者向けにわかりやすく解説。

【図解】PoW・PoS・PoI・PoCの違いを初心者向けにわかりやすく解説。


スポンサードリンク

目次(クリックすると読みたい部分まで飛べます)

PoWをわかりやすく解説

PoWをわかりやすく解説

PoWをわかりやすく解説



一言で説明すると、PoWとは『働いてるヤツが偉い!』という主張です。
どういうことか説明すると、PoW(proof of work)は文字通り、work(労働)が重視されてます。


ここでの労働とは、承認作業のことですね。
つまり、PoWとは承認作業を一番頑張った人に報酬をあげようというアルゴリズムです。


これにより、全世界のユーザーが承認作業を頑張る意味が出来ますよね。
だから、非中央集権でも成り立つということです。

PoWの主な仮想通貨



PoWの主な仮想通貨はビットコインです。
ビットコインのマイニング(承認作業)は電力消費がハンパないんですね。


なぜかと言うと、承認作業は計算によって行われるんですが、ザックリ言うと超高性能のパソコンを使って鬼のようなスピードで計算して承認作業を行ってるので、そのパソコンを稼働させるために莫大な電力がかかるということです。


その為、ビットコインのマイニングは電気代の安い国や寒冷地(電力消費で熱を帯びる為、寒いとこの方がパソコンにとって良い)や広大な土地を確保できる(中国とか)で行われてます。
中国のantpoolとか強いですよね。

PoWを一言でまとめると



承認作業の計算を頑張った人にご褒美をあげるアルゴリズムです。


次はPoSについてわかりやすく解説していきます!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【図解】PoW・PoS・PoI・PoCの違いを初心者向けにわかりやすく解説。