仮想通貨NEO(ネオ)について難しい言葉を使わずにわかりやすく解説する。



仮想通貨は本当たくさんあるので、全部調べようと思ったらキリがないので僕は割と直感でピンときたものを直ぐに少額買ってから、面白そうなら調べていってます。
今回のNEOもまさにそれで、買ってから調べました。


中国のイーサリアムという通りで、今後が楽しみな銘柄の1つです。

スポンサードリンク

仮想通貨NEO(ネオ)とは?



どーもゴーゴーケンゴ(@KNGrits)です!
今回は仮想通貨NEO(ネオ)について難しい言葉を使わずに解説していこうと思います。


NEO(ネオ)を一言で言い表すと【中国版イーサリアム】です。
正直、これだけ覚えて頂いたら問題ないと思います。


では、次にどういった所が中国版イーサリアムと呼ばれる所以なのか解説していきます。

スマートコントラクトとプラットフォーム



NEOがイーサリアムと似ている点はスマートコントラクトを採用し、他の仮想通貨のプラットフォームとしての性質を持っているという点です。


「スマートコントラクトってなに?」
「プラットフォームってどゆこと?」


という方のために解説していきます。

そもそもスマートコントラクトってなに?

スマートコントラクトとは、契約者がこれらの契約をどのように実行するかについての合意を含む、デジタル形式で定義された一連の約束です。ブロックチェイン技術は、スマートコントラクトが非常に有用な分散型、改竄のない、信頼性の高いシステムを提供します。スマートコントラクトは、ブロックチェーンテクノロジの最も重要な特性の1つであり、ブロックチェーンを破壊的な技術と呼ぶ理由です。スマートコントラクトは社会構造の効率を日々高めています。



スマート=賢い
コントラクト=契約



こう言い換えるとピンときやすいのではないでしょうか??
生きていく上で、色んな契約がありますよね?


お金を借りたり、家を買ったり、、、


そういった、ありとあらゆる契約の条件確認や履行を自動で行えるようになるのが、スマートコントラクトです。
もっと、噛み砕いて言うと【契約が超カンタンになる】といった感じです。

NEOスマートコントラクトの特徴とは?

NEOは、軽量のNeoVM(NEO仮想マシン)をスマートコントラクト実行環境として使用します。それは非常に速く起動し、少量のリソースを使い、短い手順のようなスマートコントラクトに適しています。ホットスポット契約の静的コンパイルとキャッシングは、JIT(リアルタイムコンパイラ)テクノロジによって大幅に強化できます。 NEO仮想マシンのインストラクションセットアップは、スマートコントラクトの暗号アルゴリズムの実行効率を最適化する一連の暗号命令を提供します。さらに、データ操作命令は、配列および複雑なデータ構造を直接サポートします。



はい、小難しいですよね。
噛み砕いて説明すると【すげーマシン使ってるから、超サクサクできるぜ!】です←


では、次にプラットフォームとしての性質について解説していきます。

多言語対応してるから使いやすい

言語の観点から見ると、NEO Smart Contract 2.0とEthereumの違いは、より直感的です。EthereumのSolinity言語とは異なり、NEOスマートコントラクトはほとんどの高水準プログラミング言語を直接使用できます。最初にサポートされる言語は、C#、VB.Net、F#、Java、およびKotlinです。



これ、プログラミング言語がいまいちピンとこない人の為に解説すると、イーサリアムはロシア語で書いてるけど、NEOは英語・日本語・中国語・韓国語・スペイン語に対応してるって感じです。
要するに開発者からしたら、扱いやすいんですよね。


これはプラットフォームとして使われるのに非常に好材料だと思います。
新たに、C、C ++、GO 2) Python、JavaScriptも加わったので開発者の90%近くがNEOスマートコントラクトの開発に参加できるということです。
良いですね。

NEO(ネオ)を世界一カンタンにまとめると、、、



NEOを使えば、ありとあらゆる契約が自動化できるように、みんなが使える言語で作られてる。


だから、中国版イーサリアムと呼ばれてるんですね。納得。

NeoGASとは?

NeoGASとは?

NeoGASとは?



NEO(ネオ)の燃料として使われる仮想通貨です。
ちなみにイーサリアムにもgasという燃料が使われてますが、これとNEOのgasは別物です。


このNeoGASはNEOでの取引が処理されてブロックが生成される度に生成されます。
発行枚数は1億GASと決まってるので、予定では約22年かけて発行するみたいです。


少しややこしくなりましたが、要はNEOの手数料がNeoGASという名前の通貨になっているという感じです。
NEOを使うためにはNeoGASは必要なので。


ちなみにここではイーサリアムのGASと区別するためにNeoGASと呼んでますが、正式な通貨名はGasで略号はGASとなっています。

NEO(ネオ)の現在価格/チャート

NEO(ネオ)の現在価格

NEO(ネオ)の現在価格


NEO(ネオ)の現在価格は13,676円(2018/2/19現在)となっています。
2018年はNEOベースのICOが続々と出てきているので、今後が楽しみです。

イーサリアムとNEOのチャートが似ている

NEOのチャート

NEOのチャート

イーサリアムのチャート

イーサリアムのチャート



イーサリアムとNEOのチャートがただ似ているというだけですが、それだけNEOにも期待してしまいますね。

NEO(ネオ)の購入方法/取引所

僕がNEOを購入したのはバイナンス

僕がNEOを購入したのはバイナンス



NEO(ネオ)の購入方法についてですが、バイナンスが一番ボリュームも大きいので僕はバイナンスを使ってます。
バイナンスでまだ口座開設してない方は是非こちらからどうぞ。




NEO(ネオ)のウォレット『NeonWallet』

NEO(ネオ)のウォレット『NeonWallet』

NEO(ネオ)のウォレット『NeonWallet』



NEOには専用のウォレット『NeonWallet』というのがあります。
このウォレットでNEOを保有しておけば、GASを配当としてもらえるみたいなので、ぜひ活用したいですね。


NeonWallet公式HP


こちらの公式HPからNeonWalletはダウンロードできます。

スポンサードリンク

NEO(ネオ)の今後とICO案件について

NEO(ネオ)の今後とICO案件について

NEO(ネオ)の今後とICO案件について



NEO(ネオ)の今後についてですが、NEOベースのICO案件が続々と出てきてるので期待してます。
ICO案件については、こちらのNEO ICO Trackerにてまとめてくれてます。


NEO ICO Tracker



NEOベースのICOなど興味ある方はガッツリ調べてみると良いと思います。
僕も気になる銘柄があれば随時調べて記事にしていこうと思います。


次は同じバイナンス銘柄で僕が購入してるOmiseGOについてわかりやすく解説してる記事を読んでみてください。

ちょっとでも「ええな」と思ったらフォロー&シェアほんまヨロシクな!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク