【実践動画】海外旅行でぼったくり被害に合わないための値引き交渉術を教えます【買い物注意点】

【実践動画】海外旅行でぼったくり被害に合わないための値引き交渉術を教えます【買い物注意点】


この記事を読んでほしい人

  • 海外旅行に今から行く人
  • 海外で買い物を楽しみたい人
  • 値引き交渉が出来なくてぼったくられた経験のある人


スポンサードリンク

海外旅行で買い物トラブルに合わないために



どーもゴーゴーケンゴ(@KNGrits)です!
1/14~の東南アジア1周旅を終えて、今は台灣で居残り生活をしています←


昨年末から仮想通貨関連に特化して記事を書いてきましたが、このブログは僕の人生のアウトプット場所という位置付けなので、仮想通貨以外の話ももちろん書いていきますよ〜。
というワケで、東南アジア1周旅の経験をもとに海外旅行ネタも書いていきます。


仮想通貨関連ももちろん追っていくので「これについて書いてほしい!!」というリクエストがあれば、ぜひぜひLINE@からご連絡ください。


少し長くなりましたが、本題に入っていきますね。


海外での買い物はぼったくりに要注意!

海外旅行の楽しみの1つに買い物があると思いますが、ぼったくられた経験のある人は多いのではないでしょうか?


と、言うのも海外では値札が貼られてない商品が多かったりするので、正規の価格がわかりにくいんですよね。
なので、店員さんの言い値で買ってしまうと、めちゃ損するって話です。


とは言え、日本語の通じない国で値引き交渉なんて難しいですよね。
よほどのガメツさがなければ、値引きなんておこがましくて言い出せない、、、
そんなかよわい日本人のために海外旅行における値引き交渉術を解説していきたいと思います。




スポンサードリンク

海外旅行における値引き交渉術

海外における値引き交渉術教えます!

まずは値引き交渉を【マインド編】と【実践編】の2つに分けます。
と、言うのも日本人の多くは「値引き交渉なんてガメツイことようせんわ〜」と値引き交渉の土俵にすら上がれないんですね。


と言うコトで、まずは値引き交渉を楽しむための【マインド編】から解説していきたいと思います。

値引き交渉マインド編


  1. 値引き交渉はエンタメだ!!
  2. 店員さんは友達ではない


①値引き交渉はエンタメだ!!

まず大前提として、値引き交渉はエンタメだと言うコトを認識しましょう。
値引き交渉が出来ない人は、値引きに対して肩肘張りすぎなんですね。


相手も商売ですから、お客さんが値引き交渉をしてくるのは前提で言い値をふっかけてきます。
つまり、言い値=値引き交渉の開戦のゴングなんですね。


なので、あなたが言い値で即購入してしまうというのは、相手からすると不戦勝のようなもので全く面白みがないんですね。
相手が言い値でふっかけてきたら、ちゃんと値引き交渉をするってのが礼儀です←

②店員さんは友達ではない

次によく起こる認識ミスがこれです。
店員さんは友達ではないのに、まるで長年の友達のような感情を持ってしまい同情買いしてしまう。


「これだけ、値引きしてくれたら買ってあげないとかわいそう、、、」
「この人も頑張ってるから、値引きして!って言えないよ、、、」


もし店員さんが長年の友達であれば、このような感情を持つのは当然でしょう。
しかし、見ず知らずどころか現役バリバリの露天商に対し、出会って数分でこのような感情を持つのはおかしな話です。


相手も商売でやってますから、もちろん値引き交渉されるのは想定内で、値引き分も込みの価格を最初にふっかけてきます。
むしろ、「言い値で買うヤツなんて、さすがにおらんやろーww」くらいのテンションで言ってくるので、気にしなくて大丈夫です。

まとめると、【言い値でいってくる店員に対し、値引き交渉をするのは礼儀】というところです。
臆せず、値引き交渉していきましょう。


次は【値引き交渉実践編】です!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【実践動画】海外旅行でぼったくり被害に合わないための値引き交渉術を教えます【買い物注意点】