キンコン西野とBBQをするのに2万円払ってみたらクラウドファンディングの良さがわかった。

キングコング西野
スポンサードリンク

キンコン西野のBBQに2万円払ってみた。

こないだ、クラウドファンディングの記事を書いてみて、
クラウドファンディングを活用できるやつが世界を制す。と思ったので早速つかってました。

結構、面白そうなプロジェクトやリターンがあったんですが、
今回はキングコング西野さんのプロジェクトである『クラウドファンディングで講演会のオファーを受けつけたい』をみて、
ぜひとも、講演会を開く権利を買ってみようと思いました。(お値段40万円)
40万円の内訳は、

  1. 講演会の開催権利
  2. キンコン西野の新著「革命のファンファーレ」100冊

というもので、西野さんをメインゲストにしてエンタメイベントを開催するのをクラウドファンディングを使って募集しようと思ってました。
まさにMOA大学のようなイベントですね!
西野さんの知名度を存分に利用してやろうと企んでましたが、この40万円のリターンはすでに売りきれてましたww

他に西野さんと交われそうなリターンはないか見てみると、

  1. 出版記念パーティーに出席できる権利
  2. 『革命のファンファーレ』7冊

が、2万円で販売されてました。
そして、出版記念パーティーはBBQ形式でやるということでした。
パトロン人数は99人だったので割と近づきやすいかなと。

そこで、どこまでアプローチできるかわかりませんが
2万円に見合った結果をなんとかもぎ取らなければと思ってやすw

スポンサードリンク

クラウドファンディングが良いなと思ったところ。

お客さんではなく支援者というカタチ。

これに尽きると思います。
一方通行ではなく、一緒につくるという感覚がネットショップと違って強いので、
「自分が支援してるプロジェクト」となればクレームをつけるのではなく、改善しようというプラスの心持ちになるので非常に良いなと。

今回、僕が買った2万円のBBQもイベントだと思えば高いが、キンコン西野と繋がりを持てると思えば安いので
自分次第かなとは思いますが、だからこそ価値のあるものにしたいなと!
あとは、2万円払ってでも西野さんに会いたい!という良い意味でクレイジーな人が99人集まるというのは、
その人たちとの交流も付加価値として高いものにできるのではと思っています。

今後も「気になる人と仲良くなるツールの1つ」としてクラウドファンディングで支援していこうかなと!

僕がゴーゴーケンゴをやってるのも、youtubeを始めようとしてるのも、
会ってみたい人に会うためのツールでしかないんですよね。
いきなり「ファンです!会ってください!」と言っても相手にされへんけど、
それが「仕事」としてのオファーなら会いやすいっすよね。

ナンパするときも手ぶらで行くより、なにか飛び道具があった方が声は掛けやすいし相手にされやすいですよね。
僕にとって「仕事」ってソレとほぼ同義なんすよね。

ゴーゴーケンゴはまだ、なんの収益化も出来てないので仕事と呼ぶには早いですがw
これから、収益化していけるように頑張っていきゃす!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キングコング西野