ハーバード・マッキンゼー・ゴールドマンサックスと聞いて何を連想しますか?肩書きは逆手にとってやろう!

肩書きは作れる
スポンサードリンク

目次(クリックすると読みたい部分まで飛べます)

肩書きは連想ゲーム

タイトルにある、ハーバード・マッキンゼー・ゴールドマンサックスと聞いて連想するのって、

エリート

とかの類ですよね。
本屋さんのビジネス書のコーナーでも、この辺のワードが入ってる本が多く並んでます。
「マッキンゼー・ゴールドマンサックスで教わった仕事流儀」みたいな本とか「ハーバードで最も人気な授業」とか、
なぜ、こういうワードをタイトルに入れるかというと、それだけでイメージを作り出せるからなんですよね。
なんかわからんけど、この本に書いてること正しいんやろな〜とか、世界のエリートはこういうことやってるんやろな〜とか。

肩書きも外見の一部なんで、第一印象に大きく影響してくるんですね。
イケメンとかブサイクとかって「顔」で決まるって思いがちやけど、
実際、顔も外見の一部でしかなくて、

  • スタイル
  • 仕草
  • 姿勢
  • 発言
  • 表情
  • 服装
  • 肩書き

によって、外見って構成されてるから肩書きも立派な外見の一つってこと。
人って心の中は見れへんから、外に出てくるものを通して相手の心の中を探っていくわけやねんな。
だからこそ、外見から連想して相手のイメージを無意識で作ってるってこと。

スポンサードリンク

肩書きの作り方

肩書きの重要性がわかったところで、
大企業に勤めてないから「関係ないやん!」て思いがちやけど、
大企業の看板だけが肩書きではなくて、自分の活動を振り返るとヒントがあって、
僕の場合やと、マニラ・BAR・ITとかで連想されやすいかなって思うし、
何も会社の看板じゃなくても連想ゲームで自分を答えにしてお題を作ると自分の肩書きが見えてくるかもね。

その時に大切なのが、絞り込むってことで、
例えば「日本人・野球選手」と言ってもみんなバラバラの人を想像するけど「日本人・野球選手・二刀流」って聞いたら、大谷翔平で一致する。ってこと!
自分なら、どういうキーワードで絞れるか?
これを考えることは自分が唯一無二の存在であることを証明するのに良いと思う。

逆に憧れてる人はどんなキーワードで絞れるか考えるのも良いね。

あとは、自分みたいな人間がいない世界に飛び込んだ方が目立つし競合いないし価値は出やすくなるんじゃない?って話。

だからこそ、今自分にどんな肩書きがあれば有益かを考えつつ、行動していくとコスパ良いんじゃないでしょうか?

自叙伝書いたのも1つのそれではあるよね。
「本出した」ってちょっと箔がつくし。
ま、そんな理由を表向きにする人もおらんやろうけどw

少しでも「いいね」って思ったらこのボタンからfacebookフォローよろしくお願いしますm(._.)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク
肩書きは作れる