ラグジュアリーブランド大好き人間を理解出来ない人はこれを見ろ。

ベルルッティ
スポンサードリンク

思想or機能どっちで決めてる?

買い物する時って、無意識に選択を繰り返しているって話で、思想に沿って決めてるか機能に沿って決めてるかの2つに分類できるということ。

1着何十万とかするジャケットとか、1個何十万のバッグとか、ロゴ入ってるだけで数万円するTシャツとか、世の中にはラグジュアリーブランドという庶民の僕とはかけ離れた商品が点在しているらしい。
これを買う人って、お金を使っても使い切れないくらいに持ってる人なんやと思ってたら、そうでもないみたい。
割と普通の年収の人が買ってたりするらしい。

それを聞いた僕は理解できなかった。
だって、例えば月給20万円やったとして、1個10数万のバッグとか買ってもうたら生活できへんやんw
って、普通の人なら思いますよね。
でも、それは機能で考えるタイプの人間。
普通に2~3万円で十分に立派なバッグは買えるのにその何倍も出してまで買う意味がわからへんと。
僕なんて物欲もたいしてないので、買い物ってホンマにせえへん。
物が増えるの嫌やし、面倒やし、コスパ悪いしw

と思っていたら、ありました。
僕にもラグジュアリーブランドに手を出した時期が!

ベルルッティの革靴23万円を成人式の前に買ったんですよね〜
今やったら絶対買ってない!!!w
別に所有しなくても、お店行って試着するだけで十分ですw
高い物を知ることに興味はあるけど、所有することには興味ないっすからね〜

でも、これって完全に機能ではなくて思想で決めてますね。
3万も出せば立派な革靴買えるんで、それの8倍の価値が靴にあるとは思えません。
が、ラグジュアリーブランドって機能じゃなく思想なんですね。

圧倒的な憧れ

これを作り出す為にラグジュアリーブランドは様々な戦略を立ててるわけで、
金額に見合った機能を買ってるわけではなく、
金額に見合った思想を作り出してるという感じですかね。

で、23万円の革靴を履いたら、やっぱり気が引き締まるんですよね。
いつもより背筋が伸びて、歩くだけで高揚感があるっていうww

その独特な緊張感と高揚感は自分の身の丈に合ってないからこそ得られる感情だと思いました。

そういう面を付加価値と捉えれる人がラグジュアリーブランドに酔狂しやすいのかも知れませんね。
何にお金をかけるかは、その人の自由なんでブランド物を身につけることは悪じゃないすからねw

こちらにブランドの本質を書いてるので合わせて読んでみてください。
銀座をスッピン・Tシャツ・サンダルで歩いたら、ラグジュアリーブランドの本質がみえた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ベルルッティ