この世には2種類の人間しか存在しない。それは資本家か労働者だ。

この世は資本家か労働者だけだ。
スポンサードリンク

資本主義社会に生きる僕たち。



日本は資本主義社会だ。


と言っても、ピンとこない人のために一言で説明すると、

  • 資本主義社会=頑張ったら報われる
  • 社会主義社会=頑張らなくても報われる

みたいなことです。

もう少し付け加えると、、、

資本主義経済は、18世紀後半のイギリスでおきた産業革命をきっかけに成立しました。
自由競争により利益を追求して経済活動を行えば、社会全体の利益も増大していくという考え方に立脚しています。



ってことです。

利益を追求することで、社会全体の利益も増えていくってのを、超わかりやすく説明したのがこちら。


たとえば、世界に二人(A君とB君)しか人間がいないとしよう。そして、1万円札が1枚だけあるとしよう。この時点では、世界全体の富の合計金額は、たったの1万円ということになる。

最初、A君が1万円札を持っていたとしよう。B君はそれが欲しかったので、A君のために家を作ってあげて、A君に1万円で売ってあげた。その結果、今度はB君が1万円札の所有者となった。A君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。この時点で世界全体の富の合計金額は2万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家)

次に、A君くんは、ふたたび1万円札が欲しいと思い、B君のために家を作ってあげてB君に1万円で売ってあげた。その結果、今度はA君は1万円札と家の所有者となった。B君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。この時点で世界全体の富の合計金額は3万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家が2軒)

こうして、A君とB君との間を1万円札が行ったり来たりするたびに、A君とB君の手元には、様々な不動産や価値ある品物が増えていった。(つまり世界全体の富の合計金額が増えていった)

参照:Yahoo知恵袋



これが資本主義です。

で、そこに存在するのは資本家か労働者だけということ。

  • 資本家=お金を使ってお金を稼ぐ
  • 労働者=時間を使ってお金を稼ぐ

と、いう風にわけてみましょう。


資本家のプロパガンダに洗脳される僕たち。



どっちが良い悪いって話ではなく、僕たちは労働者として生きることを幼い頃から洗脳されています。


その一番の理由は親が労働者であることが大多数だから。


事実、資本家の数<労働者の数となるので、労働者の常識=世間の常識となっていきます。
だから、洗脳されてることも、していることにも僕たちは気づきません。それが常識だと思ってるから。

わかっていて労働者を選ぶ僕たち。



サラリーマンもプロ野球選手もアーティストも芸能人もみーんな労働者です。

そうです。僕たちは

労働者になることが夢になってる。



憧れることが出来るのは、その職業の存在を知ってるからです。
だから、よくテレビやネットで見かける職業に憧れを持てるんですね。


資本家として表に出てる人なんて少ないんじゃないでしょうか。

それこそ


「秒速で1億円稼げまっせ!」


「不労所得ほしくないの?」


「君も今日から資本家だ!」


というような謳い文句に引っかかって「お金持ちになれるノウハウ」にお金を出して、何も行動に移さない人が、


「あれは詐欺や!」


「やっぱ真面目に働くのが一番!」


「お金は悪!!」


と、資本家によるプロパガンダに加担していくわけです。

ほんまによう出来た社会っすね。

スポンサードリンク

洗脳されても幸せならそれで良い



先ほども言った通りで、どっちが良い悪いの話じゃなく、自分が幸せかどうか?これだけ。


野球好きな人が野球をやって稼いで生きる。


歌好きな人が歌を歌って稼いで生きる。


営業好きな人が営業して売って稼いで生きる。


お金好きな人がお金を動かして稼いで生きる。

好きなことをしてますか?



稼げても、稼げなくても好きなことじゃなかったら「もう、ええわ」ってなるのは遅かれ早かれ目に見えてます。

だったら、最初から好きなことをやっていって「どうやったらこれで稼げるか?」を考えたほうがいいでしょ?

お金好きじゃない人がお金を動かして稼ごうと思っても、そりゃ上手くいかないでしょ。

好きこそものの上手なれ。

以上。

この記事を読んで少しでも興味深いと思った方にオススメはこちらの記事です。

BAR経営とwebメディアで痛感した。100人の認知より1人のファンが大切ってこと。

2017.08.08
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この世は資本家か労働者だけだ。