僕はお寿司もステーキも食べたかった。

僕はお寿司もステーキ食べたかった。



1年ぶりに祖父母の家に帰ってきて、色々と振り返るイイ機会なので、今回はいつもと違う感じで書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

いつもとは違うテイストで書きます。



どーもゴーゴーケンゴ(@KNGrits)です!
今回は、いつもとは違うテイストで書いていきたいと思います。

お寿司かステーキかどっちかにしなさい。



子どもの頃、誕生日は自分の好きなものを食べさせてもらえました。
お寿司でもステーキでも何でもイイと。


せっかくだから、普段食べれない贅沢なものにしようと、お寿司かステーキを頼んでたように思います。
でも、どっちか1つだけだったんですね。


「お寿司かステーキかどっちかにしなさい。」


お寿司とステーキの両方を頼むことは出来ませんでした。
僕は昔から欲張りな性格だったので、お寿司もステーキも食べたかったんですよね。


なんか、これって今でも変わらんなぁと思いました。

お寿司もステーキも食べたい



僕って食いしん坊ですし欲張りなんで、どっちも食べたかったんですよね。
今でも食べれるもんなら食べたいですしね。


でも、どっちかしか選べないもんやと思ってました。
お寿司とステーキの両方を一度に食べるのはご法度やと。


なぜかって言われると、「お寿司かステーキかどっちかしか選べなかったから」としか言いようがありませんが、もし「お寿司もステーキも両方食べていいよ」って言われたら、どうします?


お寿司もステーキも食べるでしょ?
僕は絶対食べます。

もし、ステーキしか選択肢がなかったら?



もし、お寿司という選択肢がなくてステーキのみだったら?


喜んでステーキを食べますよね。
逆も然りです。


つまり、何が言いたいかって、「人は選択肢があるから迷う」ということなんですね。
最初から、1つしか選択肢がなかったら何も迷うことなんて無いんですよ。


お寿司もステーキも選べるから迷うワケです。
仕事や恋愛も全てそうでしょ??


選べるから迷う


こういうことが1つ言えますよね。

お寿司もステーキもどっちも食べれるなら食べたい!!



もし、お寿司もステーキもどっちも食べれるなら食べたいと思いませんか?
僕は思います。


それって悪いことなんでしょうか?


「両方食べれるなら食べたい。でも、どっちかしか食べれないから我慢する。」


これはわかりますよね。
じゃあ、これはどうですか?


「両方食べれるなら食べたい。だから、どっちも食べれるように頑張る。」


これもアリでしょ?
僕は今、これをやってるんだと思っています。

なにが食べたいの?



僕は、お寿司もステーキもたこ焼きも焼き鳥もラーメンもオムライスもハンバーグも唐揚げもお刺身もすき焼きもカツ丼もぜーーーんぶ食べたいです。
食べれるもんなら、全部食べたいです。


「好きな食べものは?」って聞かれたら「美味しいもの全部」って答えたいです。
嫌いな食べものも無いですし、雑食です。なんでも食べれます(多分)


「なんの話やねん」って思った方は、


「なにが食べたいの?」=「なにがしたいの?」


だと、思ってください。


多分、僕はこうゆうことだと思うんですね。
出来るもんなら全部したいんですよ。


で、なんでも出来ると思ってるんですよね(多分)

バイキングみたいな人生



お寿司もステーキもたこ焼きも焼き鳥もラーメンもオムライスもハンバーグも唐揚げもお刺身もすき焼きもカツ丼もぜーーーんぶ食べようと思ったら、バイキングっぽいですよね。


確かに、これ全部を同じ店で食べようと思ったら、バイキングとか安い居酒屋とかしかなくて、全て一級品で出してくるお店なんてまず、あり得ないですよね。
でも、全部を同じ店で食べなくてもイイなら、全て一級品のものを食べることは可能です。


これも何を言ってるのかというと、『僕ひとりで全部やりたいワケじゃない』というコトです。
アレもコレも全部僕1人でやろうとすると、出来てもバイキングみたいな中途半端で終わりそうです。


しかし、全部僕ひとりじゃなくて専門家と一緒に組めば出来そうですよね。

スポンサードリンク

僕はお寿司もステーキ食べたかった。



なんのゴールも設定せず、ただ思いつきで書いてみたら、こんなことになりました。
わかったのは、僕が欲張りな性格だということと、ひとりで全部やってはいけないということと、お寿司もステーキも食べたいということでした。


お正月でゆっくり過ごしてる人は、自分の人生を振り返ってみたら、色々発見があるかもしれません。
では、良いお正月を〜〜

ちょっとでも「ええな」と思ったらフォロー&シェアほんまヨロシクな!!

僕はお寿司もステーキ食べたかった。