カンボジアSIM完全ガイド【最安は3ドル・空港での買い方・トップアップ方法も紹介】

カンボジアSIM完全ガイド【オススメ・空港での買い方・トップアップ方法も紹介】
おっさん
カンボジア旅行に行くんやけど、SIMカードとかってどれがオススメなん?


という、あなたに向けてカンボジア在住者である僕のオススメを紹介していきます。


結論から言うとSMART社の1週間6ドルのプランがオススメなんですが、3日以内の滞在で、とにかく安く済ませたいという方に限ってはSeatel社の3日で3ドルのプランもあるので、参考にして頂ければ幸いです。


ちなみに、東京-カンボジアまでの航空券はエアアジアでバンコク経由だと2万円弱と格安です。
詳しくはスカイチケットから一括で検索されるのをオススメします。


≫スカイチケットでカンボジア行きの航空券を見てみる

スポンサードリンク

カンボジアのSIMカードって、どれがいいの?

ゴーゴー
どーも、カンボジアで新しいカタチのシェアハウスを運営してるゴーゴーケンゴ(@KNGrits)です!
今回はカンボジアのSIMカードについて解説していきます。
おっさん
カンボジアのSIMカードって、結構種類あるみたいやけど、結局どれがいいの?

【結論】短期滞在か長期滞在でオススメは変わります

カンボジア プノンペン国際空港のSIMカードの売り場

プノンペン国際空港のSIMカードの売り場



カンボジアの主要携帯会社は3社あるんですが、その他も合わせると5社以上あるんですね。


最大手はMetfoneになるのですが、一番通信速度が速くて安定してるのがSMARTです。


プノンペン市内から離れる場合はMetfoneの方が良いという人もいますが、個人的にはSMART推しですね。


ちなみに、プノンペン国際空港に到着して空港を出たら、目の前に見えるのがこちらの売り場です。


数社が建ち並んでるのですが、選択肢は実質2つだけです。

最安値はSeatel社で3日で3ドルのプラン



「とにかく安いのが良い」という方にオススメなのが、Seatelの最安値プランで3ドルで購入できます。


3日間のみの利用ですし、データ通信量も無制限なので申し分ないかと思います。

おっさん
3ドルって、めっちゃ安いやん!!
グローバルwifiとか借りると、結構な値段するもんな〜。


【結論】海外旅行でレンタルしたいオススメのwifiルーターは無い【SIMフリーにすべき】

2018.10.14

1週間以上の滞在ならSMART社で6ドルのプラン



正直、このSMARTの1週間6ドルの無制限プランが一番オススメです。


と言うのも、SMARTはカンボジアで初めてLTEサービスを提供した通信会社でして、通信速度も申し分ありません。


普通に使っても上り下りが20mbps近く出るので、Youtubeで動画を観たり、ブログを更新したりするのに何の支障もないという感じです。

おっさん
1週間で6ドルって普通に安いな〜。
これ、1週間以上滞在する人はどうしたらええの??

1週間以上滞在する人はトップアップを活用しよう!!



1週間以上滞在する人にオススメなのも、SMARTの1週間6ドルプランです。

おっさん
いやいや、1週間以上滞在するのに、そのあとどうしたらええねん。


1週間後にトップアップ(チャージ)すれば、同じSIMカードのまま使えるんですね。


通信会社によっては、ツーリストSIMと言って期限を超えたらトップアップも出来ずに使えないSIMもあるのですが、SMARTのスタッフの方に確認したところ、空港で買ったSIMカードでも、トップアップをすればそのまま使えるとのことでした。

おっさん
そうなんや!!
ってことは、SIMカードに6ドル払っても良いよって人は、全員SMARTの1週間6ドルプランを購入すれば間違いないわけやな!!
ほな、トップアップの方法を教えてくれ〜。

カンボジアのSIMカードをトップアップする方法



今回は、SMART社の場合を想定してトップアップの手順を解説していきます。

トップアップの全体の流れ

  1. 決済アプリにお金をチャージする
  2. 決済アプリから電話番号に送金する
  3. 「*1333#」にコールする
  4. トップアップ完了
おっさん
なんか難しそうやな!!


テキストで説明すると、ちょっとややこしいのですが仕組みはシンプルなので、めっちゃ便利です。

Pipayをダウンロードする

Pi Pay

Pi Pay

Pi Pay Plc.無料posted withアプリーチ



このPipayはQR決済などにも対応してるアプリなんですが、まずはPipayをダウンロードしておきます。


そして、イオン1やイオン2にあるPipayストアで現金支払いでアプリにお金を送金してもらいます。

おっさん
アプリ内で直接課金は出来へんのか!?
わざわざ、イオンまで行ってアプリに課金するってアナログやな。


ちょっと面倒なんですが、まとめて50ドルとか入れておけば特に不便さは感じません。(PiPayで支払い可能なカフェも多いので便利ですよ)

Pipayから自分の電話番号に送金する

Pipayから自分の電話番号に送金する

3STEPで電話番号への送金が可能!



Pipayのアプリをひらけば、1枚目の画面が出てきます。


あとは順番に3STEPで自分の電話番号に送金しましょう。

おっさん
アプリから電話番号に送金するって流れが、最初は理解しにくいよな!!

「*1333#」で1ドル→1週間で333ドル分のデータ量に変わる



電話番号に1ドルを送金したら、次に「*1333#」にコールします。


すると、1ドルが333ドル分のデータ量に変換されるんですね。

おっさん
どういうこっちゃ!?
333ドル分って実質使い放題みたいな感じか!?


一説によると、昔のキャンペーンが今もずっと残ってるそうです。。。


僕が知ってる在住者はみんな、この方法でトップアップをして使ってるので、1ヶ月の通信費が4ドルで済むんですよね。

おっさん
月4ドルでデータ無制限ってヤバイな!!
日本やと5000円以上はするやろ!?

カンボジア空港でのSIMカードの買い方




こちらの動画にてプノンペン国際空港の様子とSIMカードの売り場を紹介してるので、是非ご覧ください。

おっさん
動画やったら、空港の雰囲気とかイメージしやすいし、ええな〜!!

カンボジアのSIMカードを比較してみた

SMART社の料金表

カンボジアのSIMカードを比較してみた

SMART社の料金表



プノンペン国際空港の売り場では、このプランの一択です。


1週間以内の滞在だとしても、SIM代が6ドルで済むのは格安なので、こちらをオススメします。


ちなみに、イオンなどにあるSMARTの公式ストアだとSIM代が1ドルと最初にかかるデータ代の1ドルで合計2ドルでSIMを購入して使うことができます。

おっさん
空港やからって、そんなめっちゃ高いって訳でもないんか!!
良心的やな!!

Seatel社の料金表

カンボジアのSIMカードを比較してみた

Seatelの料金表


  • 3日間のデータ無制限プラン=3ドル
  • 5日間のデータ無制限プラン=5ドル
  • 10日間のデータ無制限プラン=10ドル



この3つのプランがありますが、5ドル以上のプランを選ぶのであれば、SMARTで良いかなと。


空港で購入できるSIMの中で最安値が3ドルのプランだったので、とにかく安く抑えたい方は、こちらをどうぞ。

metfoneの料金表



すみません、写真撮り忘れてたので空けてます。。。

cellcardの料金表



こちらも撮り忘れてました。。。

おっさん
おいおい!!
頼むでしかし!!
ゴーゴー
すみません、ただ他のキャリアに浮気する必要が一切ないというくらいSMARTが一強という感じです。
値段的にSeatelが格安だったので、紹介してますが基本的にはSMARTが間違いないなと。


カンボジアのSIMカードはamazonで買うな!!




カンボジアで使えるSIMカードはアマゾンでも購入可能です。


空港に到着してからSIMカードを買うのが不安な方時間のない方が、こちらのSIMカードを事前に購入することが多いみたいですが、プノンペン国際空港であれば、空港でた目の前に売り場がありますし、設定なども全てお店の方がやってくれるので、空港で買うのがオススメです。


値段も倍くらい変わってきますしね。

おっさん
なるほど!!
カンボジアのプノンペンなら普通に空港で買ったほうが良さげやな!!


というわけで、いかがでしたでしょうか?


ところどころ、追記が必要な部分もあるので、また情報を更新していこうと思います。


ちなみに、東京-カンボジアまでの航空券はエアアジアでバンコク経由だと2万円弱と格安です。
詳しくはスカイチケットから一括で検索されるのをオススメします。


≫スカイチケットでカンボジア行きの航空券を見てみる

スポンサードリンク

カンボジア旅行に関するお役立ち動画を発信中!!




Youtubeでは「ゴーゴージャーニー」という名前で動画版の海外旅行ガイドブックを発信しています。


やっぱり「海外に行ってみたいけど、分からないし怖い」って人も多いと思います。


そこで、現地の雰囲気を見ながら紹介してくれる動画があれば、より海外が身近になるかなと思って、ゴーゴージャーニーを始めました。


僕自身、海外旅行が好きなんですが、キッカケは高校3年生の頃にカナダにホームステイしたときだったんです。


何もかも日本とは違う環境がすごく新鮮で「好きなものは好き!!」と言っても良いんだと、初めて自分の欲求に素直になれた気がしたんですね。


僕は英語もロクに喋れないのですが、色んな人に助けてもらいながら、海外を拠点に生活しています。


日本が息苦しいなと感じた時に「日本がダメならカンボジアに行こう」というような選択肢を増やすことが一番の安定だと思うので、ゴーゴージャーニーを通して海外をより身近なものにしていけたら幸いです。


Youtubeでコメントをくれたら全て返すようにしてるので、是非チャンネル登録と高評価ボタンも押して頂けると励みになります。


海外好きは必見!!



▶︎関連記事
≫海外旅行保険が手厚いオススメのクレジットカード4選を徹底比較【迷わず選べる】

≫【海外旅行を格安で】航空券を安く予約する方法を海外ノマドが教えます。

≫【結論】海外旅行でレンタルしたいオススメのwifiルーターは無い【SIMフリーにすべき】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カンボジアSIM完全ガイド【オススメ・空港での買い方・トップアップ方法も紹介】