【2019最新版】カンボジア/プノンペンのコワーキングスペース完全ガイド【料金や場所を解説】

【2018年最新版】カンボジア/プノンペンのコワーキングスペース完全ガイド【料金や場所を解説】


おトクなキャンペーン
海外旅行のお供として有名なガイドブックるるぶが今なら、なんと無料で読み放題です。
ブック放題というソフトバンクグループが運営する電子書籍サービスなんですが、1ヶ月無料体験キャンペーン中です。
電子書籍なら、重たい本を持ち歩かなくてもスマホで読めるので旅行にうってつけですので、是非この機会にご活用ください。

≫1ヶ月無料でブック放題を体験する。

おっさん
カンボジアってコワーキングスペースとかあるん?
1日利用できるとことか、1ヶ月単位で借りれるとこ教えて〜

という、あなたに向けてプノンペンのコワーキングスペース9選を紹介して行きたいと思います。

スポンサードリンク

カンボジアにコワーキングスペースってあるの?

ゴーゴー
どーも、カンボジアで新しいカタチのシェアハウスを運営してるゴーゴーケンゴ(@KNGrits)です!
今回は、カンボジアのコワーキングスペースについて紹介していきたいと思います。
おっさん
そもそも、カンボジアってコワーキングスペースとかあんの?
IT系とか、そんな発展してるイメージ無いんやけど…
ゴーゴー
確かに、僕もカンボジアに来るまではITが盛んなイメージはなかったんですが、決済サービスや配車アプリなど、意外な部分でプノンペンは進んでます。
と、いうのも途上国ならではの発展の仕方があります。

例えば配車アプリにしても、日本のようにタクシー協会がガチガチの既得権益を持ってて…みたいなことが途上国では発展してないからこそ無かったりするので、新しいサービスが1段飛ばしで普及していくんですよね。

おっさん
なるほどな〜。
まだまだIT系のスタートアップ企業とかは少ないけど、そういう意味ではまさに”これから”伸びてくる感じやね。
それに合わせてコワーキングスペースも増えてきそうやな!
ゴーゴー
はい。
ちなみにプノンペンには現在9箇所コワーキングスペースがあるので、そちらを紹介していきますね。

プノンペンのコワーキングスペース9選

プノンペンのコワーキングスペース9選

①FACTORY(8ドル/日)

プノンペンのコワーキングスペース『FACTORY』

はじめに紹介するFACTORYはプノンペンの南側に位置するので、市内からは少し距離があります。

しかし、プノンペンで今もっともクリエイティヴなコワーキングスペースです。

施設内にはトランポリンやスケートボード場も併設されており、その規模もカンボジア最大級なんですね。

おっさん
施設もごっついオシャレやな〜

FACTORYは縫製工場をフルリノベーションして建設されたシェアオフィスです。

ちなみに、個人的に仲良くさせて頂いてるラストマイルさんも、こちらにオフィスを構えております。

1日利用は8ドルからなので、気分転換に訪れてみてはいかがでしょうか?

FACTORYの場所

②Coworking Today(60ドル/月)

プノンペンのコワーキングスペース『Coworking Today』

こちらのコワーキングTODAYは1階にカフェが併設されてるシェアオフィスです。

HPをみたところ1日利用については記載されてませんでした。

おっさん
まぁ、1ヶ月60ドルって安いけどな。

どちらかと言うとシェアオフィスよりですね。
専用デスクだと120ドルからになります。

Coworking Todayの場所

③Impact Hub(10ドル/日)

プノンペンのコワーキングスペース『IMPACT HUB』

インパクトハブは世界中にも展開してるシェアオフィスです。

僕も一度訪れたことがあるのですが、立地もBKK1のど真ん中にあるので便利ですし、欧米人が非常に多い印象でした。

1日利用は10ドルからと他に比べて少し高いのですが、その立地とインパクトハブ内で開催されるイベントや交流を考えると安いですね。

おっさん
インパクトハブは会議室もしっかりあるし、スタートアップ企業が入ってるイメージあるな〜

Impact Hubの場所

④Office Origin(10ドル/日)

プノンペンのコワーキングスペース『OFFICE ORIGIN』

オフィスオリジンもBKK1に位置してます。

こちらも1日の利用券は10ドルなのでインパクトハブと同じですね。

場所も近いので両方活用してみて決めるのが良さげです。

おっさん
やっぱり、BKK1はシェアオフィスとかも多いんやな!

Office Originの場所

⑤SAHAKA(8ドル/日)

プノンペンのコワーキングスペース『SAHAKA』

SAHAKAは1日利用券が8ドルと少しお買い得ですね。

場所はロシアンマーケット近くなので、周辺に住んでる人からすればありがたい立地です。

共用デスクの1ヶ月利用だと50ドルと格安なのも良いですね。

おっさん
1ヶ月50ドルのコワーキングスペースて安いな〜

SAHAKAの場所

⑥Outpost(5ドル/日)

プノンペンのコワーキングスペース『OUT POST』

こちらのアウトポストは日本橋を渡ったソカホテルの近くに位置してます。

場所こそ市内からは遠いので、なかなか行きにくいかも知れませんが、そのオシャレな空間と市内の喧騒から離れられるという意味では、一番気になるコワーキングスペースです。

1日利用券も5ドルと割安なので、1日篭って集中したいという時に使いたいコワーキングスペースです。

おっさん
川沿いでもあるから、普段とは違った雰囲気で作業に集中できそうやね。

実際に行ってきたんですが、めちゃ良かったです。
サカミさんから「アウトポストは船で行けますよ!」という情報をもらい、リバーサイドのナイトマーケット辺りから、船で行ったんですが、3分ほどで川を渡れます。

おっさん
船やと渋滞も無いからええな!
ちなみに船はどうやって呼ぶん?
アウトポストの船乗り場

アウトポストの船乗り場

こちらの「86-247-032」に電話して「boat from night market」と伝えたら、5分弱で船が到着します。

おっさん
まともな船乗り場があるわけちゃうから、なかなかワイルドな移動方法やな!

Outpostの場所

⑦Emerald Hub(5ドル/日)

プノンペンのコワーキングスペース『Emerald Hub』

エメラルドハブの1号店です。
1日利用券が5ドルと割安な点と、オルセーマーケットの近くにあるが良いですね。

この辺りも人気のエリアなんですが、BKKに比べるとやはり作業に適した環境は少ないので、オルセーマーケット近くで作業する際はエメラルドハブが良いです。

おっさん
ビルの11階にあるのもええね!
高層階やとなんかテンション上がるし。

Emerald Hubの場所

⑧Emerald HUB BKK3(5ドル/日)

プノンペンのコワーキングスペース『Emerald Hub BKK3』

こちらはエメラルドハブのBKKエリアにある2号店です。

1日利用は同じく5ドルで日曜日以外は24時間の利用が可能なので、追い込みたいときはこちらを利用するのも良いですね。

おっさん
24時間利用可能なコワーキングスペースって意外と少ないからありがたいね!

Emerald HUB BKK3の場所

⑨THE DESK(60ドル/月)

プノンペンのコワーキングスペース『THE DESK』

最後に紹介するのはTHE DESKです。
こちらも1日利用の情報がなかったのですが、専用デスクが1ヶ月60ドルからと格安です。

おっさん
ここはローカルに人気らしいね!
イベントも積極的に開催されてるみたいやし。

場所もイオン1から近くて立地が良いので、ぜひイベント開催の時にでも訪れてみてはいかがでしょうか?

THE DESKの場所

スポンサードリンク

プノンペンのコワーキングスペースを利用しよう!



いかがでしたでしょうか?


プノンペンには意外とコワーキングスペースも充実してるので、フリーランスや海外ノマドの方は気分転換に利用してみるのも良いですね。


ちなみに、プノンペンにはwifiが爆速で充電スペース有りのカフェがたくさんあるので、他人の目が気にならない方は、カフェで作業するのも良いと思います。


プノンペンのオススメカフェについての記事は後日記載していきますね。


おトクなキャンペーン
海外旅行のお供として有名なガイドブックるるぶが今なら、なんと無料で読み放題です。
ブック放題というソフトバンクグループが運営する電子書籍サービスなんですが、1ヶ月無料体験キャンペーン中です。
電子書籍なら、重たい本を持ち歩かなくてもスマホで読めるので旅行にうってつけですので、是非この機会にご活用ください。

≫1ヶ月無料でブック放題を体験する。

▶︎カンボジアの人気記事
≫【2018年最新】カンボジア夜遊び完全ガイド!【プノンペン/シェムリアップ】

≫【2018年最新】カンボジアビザ完全ガイド【延長方法まで全て解説】

≫【高い順5選】1泊36万円!?カンボジア/プノンペンの超高級ホテルTOP5を紹介する。

≫【2018年最新】カンボジア夜遊び完全ガイド!【プノンペン/シェムリアップ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【2018年最新版】カンボジア/プノンペンのコワーキングスペース完全ガイド【料金や場所を解説】