世界で最も裕福な国は世界で最も幸せな国なのか?

世界で最も裕福な国は世界で最も幸せな国なのか?
おっさん
世の中のほとんどの悩みはカネさえあれば解決するんや!!
あ〜。お金持ちになりたいの〜。


というのが、ぶっちゃけ多くの人の本音かなと思いますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

みんながお金持ちになる世界とお金が存在しない世界では、どっちの方が幸せなのだろう?幸福度は現在地とのギャップで感じる感情だとすれば、両者に大差はなく「お金」という項目の重要度が下がるだけなのか。。



こんなことが気になったので、実際に「世界で最も裕福な国は世界で最も幸せな国なのか?」について調べてみました。

スポンサードリンク

世界で最も裕福な国は世界で最も幸せな国なのか?

ゴーゴー
どーも、カンボジアで新しいカタチのシェアハウスを運営してるゴーゴーケンゴ(@KNGrits)です!
今回は「世界で最も裕福な国は世界で最も幸せな国なのか?」について書いていきたいと思います。
おっさん
ちなみに、カンボジアって貧しいイメージあるんやけど、世界でみたらどんなもんなん??
ゴーゴー
カンボジアは2016年のデータで世界で最も貧しい国ランキング43位で東南アジアではラオスと並んでトップクラスに貧しい国となってます。
おっさん
そうか〜。
まぁ、貧しい国やからこそ伸びシロがあるわけやもんな。

というわけで、本題に入っていきたいと思います。

考察方法

お金持ちになれば幸せなのか?

お金持ちになれば幸せなのか?



今回は世界で最も裕福な国ランキングと世界で最も幸せな国ランキングを比較して「お金持ちになれば幸せなのか?」について考察していきたいと思います。


*1ドル=111円計算
*金額は1人あたりの購買力平価ベースのGDP

世界で最も裕福な国ランキングTOP10

  1. カタール:1429万
  2. マカオ:1360万
  3. ルクセンブルク:1230万
  4. シンガポール:1088万
  5. アイルランド:887万
  6. ブルネイ:885万
  7. ノルウェー:822万
  8. アラブ首長国連邦:762万
  9. クウェート:740万
  10. 香港:716万

business insider


ここでの「世界で最も裕福な国」とは、あくまで平均的に富裕層が多い国となります。
ですので、絶対的にお金持ちの人数が多い国ではなく、相対的にお金持ちの人数が多い国ということですね。


つまりは「みんながお金持ちになる世界」がこれらの国ではある種、実現されてると言えます。


では、次に「世界で最も幸せな国ランキング」をみていきたいと思います。

世界で最も幸せな国ランキングTOP10

  1. フィンランド
  2. ノルウェー
  3. デンマーク
  4. アイスランド
  5. スイス
  6. オランダ
  7. カナダ
  8. ニュージーランド
  9. スウェーデン
  10. オーストラリア

business insider


このような結果になりましたが、ここでのランキング基準は国連が発表した報告書から収入、健康寿命、社会支援、自由、信頼、寛容さなどで各国の幸福度を評価したものとなります。

おっさん
北欧がめっちゃ多いな〜。
裕福な国にもランクインしてるのはノルウェーだけか!!


ただ、この幸福度ランキングの基準には「収入」も含まれてます。
その結果、ランキング上位に平均収入が高い国が含まれやすくなってるので、一概には言えませんね。


ちなみに裕福な国ランキング上位国は、幸福度ランキングでそれぞれ何位だったのでしょうか?

世界で最も裕福な国の幸福度ランキング

                    

  • カタール:32位
  • マカオ:50位以下
  • ルクセンブルク:17位
  • シンガポール:34位
  • アイルランド:14位
  • ブルネイ:50位以下
  • ノルウェー:2位
  • アラブ首長国連邦:20位
  • クウェート:45位
  • 香港:50位以下
おっさん
まぁ、裕福な国は幸福度もそこそこ高いな〜。
とは言え、この幸福度ランキングの基準に「収入」も入ってるんやったら、なんとも言えへんな。

スポンサードリンク

考察結果

幸福度が一番高い収入は上位7~12%

幸福度が一番高い収入は上位7~12%



考察してみたものの、ランキングそのものがフェアじゃないような気がして、なんとも言えない結果になりました。


ですが、「収入」が幸福度ランキングの指標に入るほど重要な項目の1つだと言うことなので、そういった意味では裕福な国の幸福度が高いのは納得なんですが、この結果から言えるのは「幸福度は総合バランスで決まる」ということだなと。


面白かったのが、幸福度ランキングTOP10に入った国の9割が裕福な国ランキングで15~25位に入っていたということです。


つまり、上位7~12%にお金持ちである状態が一番理想的なバランスなのかも知れないということですね。

おっさん
ほうほう。
トップクラスにいるけど、まだ上の存在がおって伸びシロがある状態って感じか??


幸福度だけで言ったら、収入以外の項目もあるから何とも言えませんが、少なからず収入が幸福度に与える影響という意味では、上位7~12%が一番理想的なバランスなのかも知れませんね。

結論:上位7~12%が一番幸福度が高くなるバランス



というわけで「世界で最も裕福な国は世界で最も幸せな国なのか?」と題して、調べてみましたが結論「世界で最も裕福な国は世界で最も幸せな国とは限らない。しかし、裕福さと幸福度の関連性は高く、上位7~12%に位置することが幸福度に最も影響を与える」ということで締めたいと思います。


『今まで貯金したことない』年収35億!ZOZO前澤流お金の使い方にシビれた話。

2018.05.29

▶︎関連記事
≫お金の使い方を知らない人向け『お金が増える使い方講座』

≫【無料で読める】世界の名著をマンガで読んで教養を培おう!おすすめ名著ランキングTOP10!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界で最も裕福な国は世界で最も幸せな国なのか?