【2019年最新】チェンマイ空港でSIMを買える場所を紹介【AISがオススメ】


おトクなキャンペーン
海外旅行のお供として有名なガイドブックるるぶが今なら、なんと無料で読み放題です。
ブック放題というソフトバンクグループが運営する電子書籍サービスなんですが、1ヶ月無料体験キャンペーン中です。
電子書籍なら、重たい本を持ち歩かなくてもスマホで読めるので旅行にうってつけですので、是非この機会にご活用ください。


≫1ヶ月無料でブック放題を体験する。


おっさん
チェンマイ空港でSIM購入したいんやけど、空港のどの辺にあんの??
んで、値段とかってどのくらいなん??
どれがオススメとかある?


というかたに向けて、サクッとわかりやすく画像を踏まえて、チェンマイ空港でのSIMの買い方を紹介していきたいと思います。


ちなみにチェンマイまではバンコク経由が最安です。
東京-バンコクまでの航空券はエアアジアからの直行便で1.3万円と格安です。
詳しくはスカイチケットから一括で検索されるのをオススメします。


≫スカイチケットでバンコク行きの航空券を見てみる

スポンサードリンク

チェンマイ空港でSIMを買える場所はどこ?

ゴーゴー
どーも、カンボジアで新しいカタチのシェアハウスを運営してるゴーゴーケンゴ(@KNGrits)です!
今週からチェンマイに来ているんですが、初チェンマイで分からないことだらけだったので、これからチェンマイに行く人に向けて、サクッと紹介していきたいと思います。
おっさん
チェンマイ空港って広いん??
SIMはどこで買えるん??

国際線を出て正面右奥にSIM購入ブースがある

チェンマイ空港でSIMを買える場所を紹介

チェンマイ空港でSIMを買える場所



国際線を出たら、すぐ右奥に売店のような外観のSIM購入ブースがあります。


ドンムアン空港のようにAISやdtacの店舗があるわけではないので、最初探すときは見落としそうになりました。。。

おっさん
確かに、店舗があるわけちゃうから見失いそうになるな!!

チェンマイ空港でSIMを購入する方法

購入ブースでパスポートを見せてプランを選択するだけ

チェンマイ空港でSIMを買える場所を紹介

SIM購入ブース外観



チェンマイ空港でSIMを購入する方法は至ってシンプルです。

  1. プランを選択する
  2. パスポートを見せる
  3. スマホを渡して設定してもらう
  4. 料金を支払う
おっさん
特に英語も必要ないし、指差しでいけるよな!!

AISの料金表

チェンマイ空港でSIMを買える場所を紹介

AISのSIM料金表


  • 7日間:249バーツ
  • 15日間:499バーツ
  • 30日間:849バーツ
おっさん
7日間ならAISのほうが安いな!!

dtacの料金表

チェンマイ空港でSIMを買える場所を紹介

dtacのSIM料金表


  • 7日間:299バーツ
  • 15日間:599バーツ
  • 30日間:699バーツ
おっさん
30日間ならdtacのほうが安いんか!!

AISとdtacどっちがオススメ?



個人的にはAIS一択ですね。


理由は、AISのSIMユーザーならAISsuperWIFIを利用できるからです。

おっさん
AISスーパーwifiってなにそれ??


チェンマイのニマンヘミンエリアにあるMAYAショッピングセンター内にあるCAMPというコワーキングスペースでwifiを無料で無制限に使うことができるんですね。


方法は簡単で、まず最初にスマホから「*388*1#」にコールします。


すると、SMSにユーザー名とパスワードが届きます、


次に「AISsuperWIFI」を選択するとユーザー名とパスワードの入力画面が開きます。


そこで先ほどの情報を入力すればログインできるんですね。

おっさん
なるほど!!
そこに電話かけるとショートメッセージでログインパスが届くんやな!!


ちなみに、WIFI速度も爆速なのでオススメです。

おっさん
まぁ、WIFIそんな必要なくても7日間ならAISのほうが安いしな!!

購入ブースの営業時間に注意

チェンマイ空港でSIMを買える場所を紹介

SIM購入ブースの営業時間



SIM購入ブースは朝の7時から夜の11時までです。


もし、営業時間外に到着予定の場合は、amazonで前もってプリペイドのSIMも500円で購入できるので、そちらもご検討ください。

おっさん
500円て安いな!!
出発までに余裕があるならamazonで購入しとくのもアリやな。

クレジットカードは使えないのでキャッシュを用意しよう

チェンマイ空港でSIMを買える場所を紹介

購入ブースの真向かいにATMがある



ちなみに、チェンマイ空港のSIM購入は現金のみとなっていたので、タイバーツを持っていないかたは、真向かいにあるATMで現金をおろしておきましょう。

おっさん
1週間の滞在予定なんやけど、どんくらいおろしたらええかな?


交通費はMobike(シェアサイクル)が30日間乗り放題で150バーツ(約500円)で十分ですし、食費も1食あたり500円以下で十分食べれるので1週間の滞在なら宿泊費を抜いて、だいたい1万円から2万円あれば良いくらいだと思います。


チェンマイ市内にもATMは多いので、とりあえず1万円おろしておく感じで問題ないと思います。


ちなみに、カフェやレストランでもクレカを使えるのは500バーツ以上からのお店がほとんどなので現金は多めに用意しておくのがベターですね。

スポンサードリンク

チェンマイ空港でSIMを購入するならAIS一択



いかがでしたでしょうか?


個人的にはチェンマイ空港でSIMを購入するならAIS一択だと思いました。
30日間のSIMだとdtacのほうが少し安くなってましたが、30日間も滞在するのであれば、おそらくツーリストシムではなく市内の携帯ショップに行って直接購入したほうが安いかと思います。


ちなみにチェンマイまではバンコク経由が最安です。
東京-バンコクまでの航空券はエアアジアからの直行便で1.3万円と格安です。
詳しくはスカイチケットから一括で検索されるのをオススメします。


≫スカイチケットでバンコク行きの航空券を見てみる


▶︎関連記事
≫海外旅行保険が手厚いオススメのクレジットカード4選を徹底比較【迷わず選べる】

≫【海外旅行を格安で】航空券を安く予約する方法を海外ノマドが教えます。

≫【結論】海外旅行でレンタルしたいオススメのwifiルーターは無い【SIMフリーにすべき】


▶︎東南アジアの夜遊び記事

【2019最新版】フィリピン・マニラ夜遊び完全ガイド!3ヶ月に1回マニラに遊びに行ってた僕のおすすめを紹介。

2018.03.28

【2019最新版】マレーシア/クアラルンプールの夜遊び完全ガイド【料金・場所・遊び方】

2018.10.07

【2019最新版】インドネシア・ジャカルタ夜遊び完全ガイド【風俗/クラブ/ホテルも紹介】

2018.10.05

【2019最新版】カンボジア夜遊び完全ガイド!【プノンペンとシェムリアップを分けて解説】

2018.08.14

【2019最新版】タイ/パタヤの夜遊び完全ガイド【予算・地図・遊び方】

2018.10.28

【2019最新版】タイ/バンコクの夜遊び完全ガイド【料金・地図・遊び方】

2018.10.25

【2019最新版】ミャンマー/ヤンゴンの夜遊び完全ガイド【プラン別で解説】

2018.12.08

【2019最新版】バリ島の夜遊び完全ガイド【料金・地図・遊び方を解説】

2019.02.02
スポンサーリンク
スポンサーリンク